お金になる(?)資格のニュース


FP2級という資格は、色々な意味で認知度が低い気がする(新聞記者すらよくわかっていない)

FP資格が人気らしいですね。
そんな記事が読売新聞に載っていました。

FP資格には民間資格のAFP・CFPと国家資格のFP技能氏があること。
税理士や社労士の資格取得者が多いことなどが紹介されていました。


でも、ちょっとがっかり。

正直、世間の認識はこんなものなのですね。
新聞社が基礎的な解説記事を書くって事は、世間の認識はまだまだ低いということなのでしょう。

ところで、記事の中に、事実誤認というか、あいまいな表現がいくつか見られました。
気になるので、ここで訂正しておきましょう。

> FP技能士は、国が技能を認定しているものの、弁護士や医師などと違い、法律で独占的な業務が決まっているわけではない。このため、業務と関係の深い税理士や社会保険労務士などと併せたり、企業などで実務を積んでから独立・開業を目指す人が多い。

これは文章としてちょっと変じゃないかと思います。
「法律で独占的な業務が決まっているわけではない」からすぐに独立・開業できないわけではありませんよね。

独占的な業務が決まっていても、市場のニーズが無ければいきなり独立・開業なんて出来ません。
逆に、独占的な業務が無くても、市場がもとめる仕事だったら、すぐに開業できるはずです。

FPの場合、2級取得だけでは独立するのに十分な能力があるとは言いにくいです。
さらに、独立FPがそれほど多くは求められていない現状があります。
だから、いきなり独立するのは難しいのです。


> 2級FP技能検定は、AFPの資格審査試験も兼ねており、合格すれば民間と国家資格が同時に取得できる。

こちらは完全に事実誤認です。
AFPの認定講座を修了した人が、国家試験である2級FP技能検定に合格したら民間資格も同時に取得できます。
AFP認定講座を受講しないで2級FP技能士になった人の場合は、民間資格は取得できません。
例えば、FP3級を合格してFP2級の受験資格を得た人などはそうですね。

記事を書いた記者が、仕組みをよくわかっていなかったものと思われます。
このあたりの仕組みは複雑だから、仕方が無いのかな。
よく調べないで書くと、間違うことはありそうです。


> http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20090930-OYT8T00277.htm



ファイナンシャル・プランナー(FP)
FP 2級に独学で合格する方法
FP 3級に独学で合格する方法
FP技能検定2級(生保顧客資産相談業務)受験してみました
ファイナンシャル・プランナー関連の通信講座・通学講座・教材

お金になる資格のニュース

過去の投稿

Powered by Blogger

登録
投稿 [Atom]


当サイトは【リンクフリー】です。特に連絡も必要ありません。 ご自由にリンクしてください。
管理人に御用がある方はこちらまでメー ルをください