ITパスポートは就職にどの程度有利なのだろう?

情報処理系の試験で、多くの人が受験を考えるのが、ITパスポートでしょう。

この試験は、国家資格である情報処理技術者試験です。
他のユーザー向けのIT資格よりは、権威がある試験と言っても良いはずです。

就職に有利そうな印象を持つのは自然なことだと思われます。
ただ、実際のところはどうなのでしょうか?

結論から言うと、この資格を持っているからと言って、就職が特に有利になるということも無さそうです。
まあ、あっても損はしない程度の位置づけだと考えておけば良いのではないでしょうか。

履歴書の飾りくらいにはなりますし。

そもそも、この試験は情報処理技術者試験の入り口としての位置づけです。
しかも、職業人が備えておくべき基礎的な知識があるかどうかを問う試験です。

もう少し正確に言うと、この試験の対象者像は次のように定義されています。

職業人が共通に備えておくべき情報技術に関する基礎的な知識をもち,情報技術に携わる業務に就くか,担当業務に対して情報技術を活用していこうとする者

そんな資格を持っていたからと言って、就職に有利なはずはないですよね。
当たり前に持っていなければならない技能を持っていると証明するに過ぎないのですから。

企業の立場に立って考えれば、容易に想像できるはずです。
せいぜい、将来教えなければならない知識の一部を事前に持っている、くらいの感覚でしょうね。

自己PRと絡めれば多少は役に立つか

もちろん、IT分野に興味を持っていることへのアピールには、ある程度使えるかもしれません。
資格と絡めて自己PRする事は可能です。

ただ、自己PRに使うにしてもちょっと弱い気がします。
本当にITに興味を持っている人なら、こんなレベルでは満足しないからです。

資格を絡めてアピールに使いたいのなら、もう少し上級の資格でないと、ほとんど効果が無い気がします。

やっぱり、無いよりマシといった程度の位置づけと考えて良さそうです。

勉強するのは良いこと

資格自体の価値は、上に書いたようなものです。
情報処理技術者試験を使ってアピールするなら、基本情報技術者程度は取っておきたいものです。

ただ、資格取得はさておき、ITについて基礎レベルから学習する事は悪い事ではありません。
体系的な学習もできますし、上位の資格につなげていく事も可能です。

問題は資格として取得するかどうかですよね。
受験料もかかりますし、受験に1日つぶさないといけませんし。

悩ましいところです。
履歴書に何も書くことが無い人なら、受けておいても良いかもしれません。

まあ、そのくらいかな。

スポンサードリンク