行政書士

行政書士の概要

  • 行政書士の仕事
    企業や個人から依頼を受けて官公署に提出する許認可・届出書類の作成をし、さらに提出手続きの代理も行えます。
    契約書や遺言状などの権利義務に関する書類の作成する事もあります。
    さらにそれらの書類作成についての相談なども行政書士の業務です。業務範囲は広範にわたります。
    (会社設立の書類作成・簡易帰化申請・永住許可申請・建設業許可申請・飲食店営業申請・計系帳簿作成など)
  • 法律知識を活かしてのコンサルティング業務
    最近では、法律知識を活かしてのコンサルティング業務を行っている行政書士も多いようです。
    裁判沙汰にするほどではない小さなトラブルの解決に一役買うわけですね。
  • 司法試験・司法書士などを目指す人の受験も
    司法試験や司法書士などの難関の法律系資格を目指している人が足がかりとして行政書士試験を受験する人も多いようです。
  • 憲法・民法などの法律の知識を問う試験
    試験科目は法令科目と一般教養に別れ、法令科目では憲法・民法・行政法・行政書士法などが問われます。
    一般常識は国語・数学・理科など大学受験のような問題が出題されます(これが結構難しいです)。
  • 合格率5%
    平成16年度の合格率が5.33%と世間で認識されている以上に難関の試験です。
    もっとも、受験者の半分程度は十分な準備をしないで受験しているという事情もあるのではないかと予想されます(この資格に限らずですが)。

スポンサードリンク