FP 3級に独学で合格する方法

基本は過去問中心

FP の資格を取得するためには、過去問中心で学習するのが良さそうです。
というのも、毎年似た傾向の問題が出題されるからです。
過去5回分程度を完璧にしておけば、合格は遠くないと思いますよ。

どのように学習するか

FP の勉強を始めて行う場合、最初に薄めの参考書を読んで概要を理解しましょう。
最初は、完璧に理解する必要は無いと思います。

一通り概要が理解できたら、過去問を解いてみましょう。
このときは、自分が出来ない問題を探すことを目的に解いてみましょう。
答えがあっているかどうかではなく、理解しているかどうかが肝心です。

理解していない問題をピックアップしたら、その部分を参考書で読んで理解します。
確認が終わったら、再度問題を解いてみましょう。

この作業をすべての問題を理解できるまで繰り返します。
すべて出来るようになったら、準備としては終了です。

おそらく、これだけやっておけば十分に合格できると思います。

FP 2級を目指す場合

3級取得後にFP 2級を取得しようと考えている人は、最初から2級の参考書を利用するのが良いでしょう。
当然ですが、2級の参考書は3級の内容を網羅しています。

2級と3級のレベルにそれほど大きい差が無い点も、2級の参考書がおすすめできるポイントです。
2級が3級に比べて難しすぎる場合、参考書を兼用で使うことは難しくなります。
レベルの差がありすぎる場合、内容を読み取るだけでも大変ですからね。

FP 技能検定の場合、2級と3級の学習内容自体には大きな差はありません。
問題なく兼用できるのです。


【関連情報】

スポンサードリンク