2014年1月 のアーカイブ

FP3級と日商簿記3級の難易度は段違い| 難しさはイメージと一致しないことも

2014年1月30日 木曜日

資格試験の難易度に、何となくのイメージってありますよね。でもそんなイメージが、必ずしも正しくないことも多いです。

同じくらいの難易度だと思っていた試験なのに、実は難易度にかなりの差が有ることもあるのです。そんな例を一つご紹介します。

(さらに…) «FP3級と日商簿記3級の難易度は段違い| 難しさはイメージと一致しないことも»” class=”more-link”>(さらに…) «FP3級と日商簿記3級の難易度は段違い| 難しさはイメージと一致しないことも»

TOEICの受験者数は名古屋市とか大阪市並み| 儲かっていそうだね

2014年1月30日 木曜日

TOEICってかなりの受験者がいるのは分かります。でも、具体的にどの程度の受験者がいるのでしょうか。

そして、それだけ多くの受験者がいれば、売り上げも相当なものですよね。具体的には、どのくらいなのでしょうか。

(さらに…) «TOEICの受験者数は名古屋市とか大阪市並み| 儲かっていそうだね»” class=”more-link”>(さらに…) «TOEICの受験者数は名古屋市とか大阪市並み| 儲かっていそうだね»

税理士の科目選びはその後の仕事内容にも影響しそうだね

2014年1月29日 水曜日

AERAに税理士選びに関する記事が載っていました。どんな記事かというと、相続税の相談で税理士に依頼したのに大損をした、というものです。

具体的には、相続税を余分に取られ、「2億9800万円」も損をしたたと記事の中では伝えています。話半分としても、結構な額ですよね。1

最終的には、別の税理士に相談して、余分に払った相続税を取り戻すことに成功したのだそうです。ただ、そのことに気づかなかったら、過払いの状態のままだったと言うことですね。

(さらに…) «税理士の科目選びはその後の仕事内容にも影響しそうだね»” class=”more-link”>(さらに…) «税理士の科目選びはその後の仕事内容にも影響しそうだね»

  1. ■ 専門家は10人に1人? 税理士選び失敗で2億円の損〈AERA 2014年1月27日号〉 []

比較的易しい資格を取るかどうかは、微妙な判断だよね

2014年1月29日 水曜日

あくまで個人的な感想ですが、微妙な資格って多くないですか?何をもって「微妙」と言っているかというと、資格取得を目指す価値があるかどうか迷うような資格のことを指しています。勉強すること自体は価値が有るにしても、資格として取得することに価値があるのかどうか疑問を抱くような資格が多いのです。

例えば簿記3級は私にとって微妙な資格に感じます。このレベルの知識は、ビジネスマンなら学習する価値はあります。でも、履歴書に載せられるわけでもないので、「資格として取るか?」ときかれると疑問なんですよね。

世の中には、資格としての価値が微妙な資格がたくさん存在します。例えば有名な所だと、日商簿記3級とかFP3級あたりの資格は、微妙だと思いませんか。

簿記の知識を学ぶのも、FPの知識を学ぶのも、もちろん意味があることです。でも、資格として取る価値があるかといわれると、かなり微妙なんですよね。FP3級とか簿記3級程度だと、履歴書にかけるわけではありませんから。

まだFP3級は多少意味があるのかな。合格すればFP2級の受験資格を満たすことが出来ますから。でも簿記3級となると、本当に微妙です。一応履歴書に書けるレベルとされる簿記2級を、いきなり受けることも可能ですからね。

簿記3級レベルの知識の習得を目指したい人などは、本当に悩むでしょうね。個人事業主を始めるので知識として簿記3級レベルの学習はしておきたい。でも、学生に混じって試験を受けるとなると、やっぱり考えてしまう。こんな人は絶対に多いはずです。

資格取得は学習する時の目標にはしやすいんですよね

このくらいのレベルの「微妙」な資格も、学習するときの目標だと割り切って考えると利用しやすいかもしれません。簿記3級を合格できるレベルになるまで勉強しようとか、英検準2級レベルまで勉強しようとかいう感じで目標にするのです。

こういう具体的な目標があると、学習のモチベーションは維持しやすいはずです。その意味では、これらの資格にも、一定の価値はあるのかもしれません。

ただ、検定料も安くないですからね。5,000円から1万円位は覚悟しないといけないでしょう。学習の目標とするために、それだけの額を出すのかどうかというところで、やっぱり悩みそうですね。

あと、検定試験を受けるとなると、休日1日を潰さないといけないんですよね。資格としての価値がそれほど無いことが分かっていると、それもちょっと面倒ですね。

こうやって考えると、やっぱり受験するかどうか悩みます。

私だったら、履歴書に書けるレベルをいきなり目指す

ちなみに、私だったらどうするかというと、いきなり履歴書に書けるレベルを目指します。日商簿記だったら3級ではなく2級を目指すのです。こうすると、微妙な資格試験を受けるかどうかで、悩まなくて済みます。

ただ、簿記2級と3級では、学習範囲がかなり違います。2級をいきなり受ける場合、負担は相当大きくなりますけどね。

ただ、変なことで悩まなくて済む分、私はこの方法が気に入っています。多少荒っぽい方法なので、無理にすすめはしませんけど。

そもそも簿記って何?どんな資格があるの?

2014年1月28日 火曜日

簿記という言葉を聞いたことが有る人は多いはずです。でも、簿記が何かを正確には知らないという人も、同時に多そうです。

簿記ってどんなものなのでしょうか。会計とは違うのでしょうか。簿記に関してどんな資格があるのでしょうか。

(さらに…) «そもそも簿記って何?どんな資格があるの?»” class=”more-link”>(さらに…) «そもそも簿記って何?どんな資格があるの?»

税理士試験は社会人が目指しやすい資格です

2014年1月28日 火曜日

税理士試験は難関資格だと考えられています。しかし他の難関資格と比べると、社会人には比較的取得しやすい資格かも知れません。

社会人が税理士の資格を目指しやすいのは、科目ごとの受験が出来るからです。全部で5科目に合格すれば、税理士試験に合格したことになるのです。

しかも、5科目取得するのに、期間の制限はありません。ですから、最初の科目に合格してから10年後に5科目の合格をしても、資格は認められるわけです。

これだったら、忙しい社会人でも目指すことが出来ますよね。

(さらに…) «税理士試験は社会人が目指しやすい資格です»” class=”more-link”>(さらに…) «税理士試験は社会人が目指しやすい資格です»

難関資格の取得を目指すのはハイリスク・ローリターン

2014年1月28日 火曜日

「難関資格を取って将来は独立を目指している」なんて聞くと、何だか堅実なビジョンのような気がしますよね。でも冷静に考えると、結構なギャンブルなのかもしれません。得られるものよりもリスクの方が圧倒的に大きいように思うのです。

世の中には、人生で成功するための手段として、難関資格の取得を目指している人もいます。難関資格の取得には、一発逆転的なイメージもあるのでしょうかねえ。でも、個人的には、そういう選択はあまりおすすめできません。

その理由は簡単です。確率的に考えると、明らかに割に合わないのです。

(さらに…) «難関資格の取得を目指すのはハイリスク・ローリターン»” class=”more-link”>(さらに…) «難関資格の取得を目指すのはハイリスク・ローリターン»

略してビジ法!ビジネス実務法務検定試験は仕事で必要な法律知識に関する資格

2014年1月27日 月曜日

東京商工会議所が行うビジネス実務法務検定試験という資格があります。そこそこの受験者を集める、人気資格です。

具体的にどんな資格なのか、簡単に見てみましょう。

ビジネス実務法務検定試験はビジネスをする上で必要になる、法律の知識に関する資格です。

「ビジ法」という略語で呼ばれることもあるようですね。でも、はっきり言ってしまうと、この呼び方はほとんど聞いたことはありませんけど。

(さらに…) «略してビジ法!ビジネス実務法務検定試験は仕事で必要な法律知識に関する資格»” class=”more-link”>(さらに…) «略してビジ法!ビジネス実務法務検定試験は仕事で必要な法律知識に関する資格»

どんな資格試験?日商簿記の基本を理解しておこう!

2014年1月27日 月曜日

日本で簿記試験と言えば、日商簿記を思い浮かべる人が多いでしょう。ただそれ以外にも、様々な簿記の試験があります。具体的には、全経簿記、全商簿記、日ビ簿記といった資格もあるのです。あるいは、簿記関連資格として、税理士試験もあります。

様々な試験はありますが、社会人が簿記試験を受けるとなると、通常は日商簿記を目指すことになると思います。一般的には3級から始めるのかな。ただ、いきなり2級を目指せない資格でもありません。

このページでは、日本における簿記試験の代表である、日商簿記の基礎知識について一緒に確認していきましょう。

(さらに…) «どんな資格試験?日商簿記の基本を理解しておこう!»” class=”more-link”>(さらに…) «どんな資格試験?日商簿記の基本を理解しておこう!»

日商簿記3級は合格率にかなりのばらつきがある

2014年1月26日 日曜日

日商簿記の3級の試験の合格率には、かなりのバラつきがあるようです。ということは、いつ受けるかで、有利不利があるということですね。

まあ、いつ受ければ有利かは事前には分からないので、どうしようも無いのですけどね。

前のページで日商簿記3級の受験者数の変化を調べてみました。せっかくなので、合格率の推移もどうなっているのか調べてみることにしましょう。

(さらに…) «日商簿記3級は合格率にかなりのばらつきがある»” class=”more-link”>(さらに…) «日商簿記3級は合格率にかなりのばらつきがある»