情報系(IT系)の資格| PCや情報処理の資格にはどんなものがある

おそらく、資格の数が一番多いのがこの分野でしょう。調査したわけではないので断定はできませんけど。

民間のPCの基礎知識に関する資格から、国家資格である情報処理技術者試験、ベンダー系の専門的な試験まで多岐にわたります。そのため、どの資格を受験するかは大切な要素といえそうです。

とりあえず何かということなら、国家資格である基本情報技術者試験が良いのではないかと思います。

情報処理技術者試験

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験の入り口に位置する試験です。設計者というよりはプログラマ向けの試験といって良いでしょう。初級システムアドミニストレーターの資格が廃止され、基本情報技術者の資格に一本化されました。

ITパスポート試験│ 学生でも受験・合格可能なIT関連の国家試験

情報処理技術者試験の中で、一番易しいレベルの試験です。ITの技術者だけでなく、ITの利用者や学生の受験者もいます。

ベンダー系民間資格

パソコンの資格

パソコン整備士をとればパソコン関連のトラブル解決で独立可能?│ でも、別に資格は必要ないけどね

パソコン整備士という資格を取ると、パソコンに関するトラブル解決の仕事で独立できる可能性があるのだとか。確かに、高齢者を中心に、こうしたニーズはありそうです。興味がある人は、チェックしてみると良いでしょう。ただ、何かとお金がかかるところが気になります。

パソコン検定(P検)

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。