会計系の資格にはどんなものがあるのだろうか

会計系資格の最高峰です。企業会計の監査のほかに、コンサルティングなどの業務を行うことも多いです。

独立系の資格というよりは、会計士として監査事務所に勤務することのほうが多そうです。

公認会計士

簿記の知識は、ビジネスマンにとって必須の知識と言えるでしょう。最低限、日商簿記3級程度の知識はほしいと思います。資格として取得するかどうかは個々の判断でしょうけどね。

企業会計の実務を扱う仕事をする人はもちろんですが、投資家の人にも役立つ資格だと思います。

簿記

税理士

税理士試験は、意外と社会人にも目指しやすい資格です。なぜかというと、科目ごとに受験が出来るからです。全部で5科目取ると、合格できるという仕組みですね。ですから、数年がかりで取り組む気が有れば、社会人でも十分に合格できるわけです。

しかも、科目ごとの合格率は十数パーセント程度あり、難関資格としては易しい方と言えるでしょう。ですから、3年から5年程度かけて取得する気なら、何とかなる可能性が大きいのです。

もちろん、十数パーセントの合格率というのは、厳しいとは思うのですけどね。

この他にも様々な資格が

上の3つの他にも、会計系の資格には様々なものがあります。例えば、中小企業診断士などの資格も会計系の資格と言えるでしょう。また、建設業経理事務士という資格もあるようです。

この他にも、医療事務関係の資格も会計資格と言えそうです。ちなみに、医療事務の場合は、いろいろな民間資格があるようですね。

また、英語の会計の資格もあるようですね。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。